読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産マガジン

現役不動産営業マンのブログです。不動産でお悩みの方のお役に立ちます!

私道って何に気を付ければいいの?

広告を見て「あっ!いい戸建(土地)だなっ」って思って物件概要を見ていると「前面道路は私道か~」とお悩みのあなたや「私道って公道と何が違うかよくわからないけど漠然とやめたほうがいい」と思っているあなたに私道で本当に気を付けるべきポイントをご紹介します。

f:id:realestatemagazine:20161216235703j:plain

公道と私道の違い

公道は国や市などが所有しているのに対して私道は個人や法人が所有しています。

 

私道の気を付けるポイント1 持ち分があるか

私道で持ち分がない場合は将来通行や掘削を行う際に道路の所有者の許可を得なければならない場合があります。許可が得られなければライフラインの引き込み工事などができなくなってしまいそれでは困ってしまいます。

 

私道の気を付けるポイント2 持ち分がない場合は承諾書の有無を確認

私道の持ち分がなくても「通行掘削の承諾書」があれば持ち分を持っていなくてもその指導を通行・ライフラインの引き込み工事を行うための掘削をできるので大丈夫です。

所有者が変わると効力を失うような承諾書では意味がないため、内容に所有者が変わっても内容を引き継ぐ旨の文言が入っているかだけは確認しておきましょう。

 

私道の気を付けるポイント3 物を置いている人がいないか

私道だからといって車を停めたりものが置かれているといざというとき緊急車両の往来ができないなど大変なことになります。かなりレアケースですがこういったことが気になった場合は変わった人が住んでいる可能性もあるので物件を紹介した業者や売主に現状を確認したほうが良いでしょう。

 

道路について調べると種類がたくさんありよくわかりづらいですが、私道においては上記の3つが気を付けるポイントではないでしょうか。

土地・戸建ての場合でお探しの方は私道の物件に出会う機会も多いでしょう。私道に関して正しい認識と気を付けるポイントがわかっていれば何も問題はありません。

上記のポイントを押さえたうえでさらに細かい点(持ち分がない場合承諾書を取る特約を付けて契約をするなど)は仲介業者もよくわかっていると思います。

私道が原因で購入や問合わせを躊躇している方の判断材料としてお役に立てば幸いです。