読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産マガジン

現役不動産営業マンのブログです。不動産でお悩みの方のお役に立ちます!

住宅ローンシミュレーションを使ってみよう!

不動産購入の諸費用はマンションは大体7%、戸建は大体8%くらいと前回、前々回の記事でご説明しましたが、毎月の支払の方が気になる方は多いですよね。

「自分でローンのシミュレーションをしてみたい!」という方や「このくらい借りたら毎月いくら返すイメージになるんだろう?」とお考えの方は実際に銀行のサイトでローンシミュレーションを使ってみましょう!

銀行のシミュレーションサイトは無料で簡単に使えます。銀行ごとにシミュレーションの特徴があるので目的別に解説していきたいと思います。

f:id:realestatemagazine:20161124231348j:plain

とりあえず毎月の返済額が知りたいという方

りそな銀行のシミュレーションを使いましょう。入力項目が少なくローン借り入れに必要な諸費用も概算で出してくれるのでとりあえずという方にはもってこいです。

住宅ローン シミュレーション (新規お借入れ)│お金を借りたい│りそな銀行

いくら借りれるか知りたいという方

他に借り入れがない場合大体目安は年収の7.5倍くらいですが、三菱東京UFJのシミュレーションでは借入限度額まで計算してくれます。

新規お借り入れシミュレーション - 三菱東京UFJ銀行

色んな金利プランを比較したいという方

みずほ銀行のシミュレーションでは勝手にほかの金利プランのシミュレーションまで出してくれます。

みずほ銀行:住宅ローン返済額シミュレーション

繰り上げ返済をしたい方

三井住友銀行のシミュレーションは繰り上げ返済シミュレーションに金額の上限がなく使いやすいので繰り上げ返済を検討している方におすすめです。

住宅ローン 一部繰上返済シミュレーション : 三井住友銀行

償還表を確認したい方

何年後にいくらの残債があるのかが気になる方は三井住友信託銀行のシミュレーションがおすすめです。償還表があるとローン控除を大体いくら受けられるかも計算できます。諸費用も概算で計算してくれます。

住宅ローン シミュレーション|三井住友信託銀行

※ローン控除についてはこちらをご参照ください。

realestatemagazine.hatenablog.com

 

不動産屋で相談するのはちょっとまだはやいかな~という方なんかも是非上記のシミュレーションを使ってみてください!

金利の入力がよくわからない方は毎月の金利という記事も書いているのでそこから適当に銀行と金利プランを選んでやってみてください(変動ならとりあえず0.775%とかでいいでしょう)。